気になる体臭の原因とは?

m004-035

汗の匂いやワキガの匂いから、加齢臭にいたるまで身体の匂いが気になっている人はとても多いです。ひどい場合には自分の体臭が気になって外に出るのが億劫になってしまう人もいるほどです。

ではどうして体臭が出てしまうのでしょうか。その原因についてまとめていきます。

人間の肌には無数の汗腺のほか、肌の潤いを保つ皮脂を分泌する皮脂腺という腺があります。汗腺からは汗を、皮脂腺からは皮脂を分泌しますが、分泌したての汗や皮脂はほとんど匂いはありません。

しかし、この汗や皮脂が、肌にある雑菌と結びつくことで、汗や皮脂などが分解され、匂いの元となる成分を発するようになります。

また、体臭は汗が出る汗腺の種類や汗の出る場所によって性質が違います。


体臭の性質の違い

まずは汗腺の違いからくる体臭の性質の違いについてです。汗腺にはほぼ全身に分布されているエクリン腺と、脇の下や性器周辺、へその周り、耳の穴など、限定された場所にしかないアポクリン腺があります。

エクリン腺から出る汗は99%以上が水分でできています。ほとんどが水分のため汗をかいた直後は無臭ですが、汗を放置して汗が汚れ、雑菌が繁殖すると匂いが出ることがあります。

一方のアポクリン腺は水分のほかにたんぱく質や脂質、脂肪酸など色んな成分が含まれており、汗をかいた直後から汗が分解されて独特なにおいを生じます。

アポクリン腺から出る匂いがひどい状態をワキガと呼んでいます。また、体臭は発生する部位や時期によっても性質は異なります。脇の下は特に匂いの気になる場所です。

ここにはアポクリン腺が多いことと、皮膚の常在菌が多いことから、アポクリン腺から出る汗のい独特な匂いのほか、雑菌が繁殖した嫌な匂いも混じることになります。

足の裏も匂いが気になる場所のひとつです。足の裏という狭い空間の中に、背中の10倍ものエクリンセンが分布されていているため、ほかの部分より汗をかきやすい場所です。

それと同時に、靴下や靴などで密封されることが多い場所でもあることから、ほかの部位とはまた違った、独特のにおいを発します。

頭はあまり匂いをかぐ人はいないと思いますが、頭も意外と匂いを発しています。頭は皮脂腺が非常に発達しているため角質がはがれやすく、フケなどの原因になります。

このフケが分泌された皮脂と交じり合って匂いが発生するのです。髪の毛は匂いを吸着しやすい性質を持っていることから、頭から発した匂いが髪の毛について、頭が匂う原因となってしまいます。

年を取ると加齢臭という独特なにおいがしてきます。これは年齢とともに皮脂の成分に過酸化脂質が増えることによって、皮脂腺から出てきた皮脂が分解されるときに独特なにおいを発生させます。

また、体臭の原因の中には病気から来る匂いもありますので、体臭が気になるという人は一度病院で調べてもらったほうがいいでしょう。


体臭を軽減させるための対策とは

人前に出るのも億劫になってしまうほど気になる体臭。この体臭に気が付いたらどのような対策をとったらいいのでしょうか。

病気が原因で体臭が起きている場合や、周囲までが指摘するほどひどい体臭の場合、手術療法などで軽減される場合があるので皮膚科や美容外科の受診をお勧めします。

それほどでもない場合は自分で対策を立てることになりますがその対策には次のようなものがあります。


体臭のセルフケア

m004-035
  • 制汗対策
  • 収斂作用のあるミョウバンや塩化アルミニウム、クロルヒドロキシアルミニウムなどが含まれている制汗剤を活用して、汗腺をふさいで汗を止めることによって体臭を抑えます。

    ただし、効果のほどは個人差が大きいので、最初は弱い濃度のものから始め、効き目を確かめながら使うようにしましょう。

  • 皮膚の常在菌の繁殖を抑える
  • 殺菌効果の高い塩化ベンザルコニウム、イソプロピルメチルフェノール、トリクロサン、トリクロカルバンなどが配合された石鹸やデオドラント製品などを活用しましょう。

    肌の常在菌の繁殖を抑え、汗の成分が分解されるときの匂いを抑えます。

  • 皮脂の酸化を防ぐ
  • 皮脂も油なので空気に触れると酸化して匂いを発生させます。ビタミンEなどの成分を積極的に取ることによって、皮脂の酸化を防いで匂いを押さえます。

  • 消臭
  • 塩化亜鉛、酸化マグネシウム、重曹などの成分は、発生した匂いを吸着し、消臭させる働きがあります。こういった成分の含まれたものを、匂いの気になるところにつけると、発生した匂いを抑えてくれます。

  • マスキング
  • 発生した匂いをほかの香りで隠してしまう方法です。アロマオイルや香料などがありますが、匂いの種類や使用するマスキング剤によっては、体臭とマスキングの匂いが混じって、さらに不快なにおいを発生させることがあるので気をつけたいものです。

  • 体臭を深刻に気にしない
  • 自分の体臭が気になるという人でも、多くの場合は周囲の人には気が付かれない程度のことが多いです。

あまり気にしすぎると、匂うのではないかという思いがストレスとなって、そのストレスからにおいがきつくなってしまうことがあります。匂いに過剰に神経質にならないようにしましょう。

セルフケアを行なっても効果が出ない、かえって匂いがきつくなったなどという場合は病院を受診するようにしましょう。


日常生活でできる体臭予防

生活習慣の乱れ

体臭の基本的な要因 生活習慣の乱れ


cef6d71ac28e263124ce3cea8c9abd47_s

どうやったら体臭は防げるのか